top of page

あなたの人生をガラリと変えてみたいなら、物事を見る時の視点を今よりも高くして全体を俯瞰して見ること


高い場所から見渡すと、こうして全体が見渡せるでしょ?

正しく物事を取捨選択をするには、物事には二つの側面( 陰と陽・善と悪・光と影など )があることを知ること。 そして物事を正しく見る為には、全体を俯瞰して見ることです。 思考回路を柔軟かつ全体を俯瞰して見る力がないと、これからの時代は生きていけない…

「 何が正しく・間違っているかを、正確に見つけ出し、見極める・判断する 」力がないと、( 新型コロナウイルスのような )変革の流れにいる時に、求めらる力であるともいえます。 アンチマスクや反ワクチン派の人のように、思考や感情が偏ってはダメなのです。

周囲の余計な情報に振り回されることなく、常に俯瞰して物事の視点を高く・広く、そして多方面で見る力を備えることが必要だなかとコロナ禍で強く思ったこと。 この能力が備わっていると、有事の時だけではく人間関係やビジネスの世界でも役立つと痛感しています。


実は私が精神面でも身体面でも、また仕事の面でも落ち込みやすいのは年末年始の時期。 その理由はブラック社長と同僚たちの戦うことになったのが、ちょうど年末だったから。 でも今は「 次の年をよくするための調整の時期 」と、気持ちを切り替えるように。

もう10年以上も前のことになるけれど、あの時があったから今の私があるのです。 そして誰の人生にも、陰と陽( 善と悪 )の出来事が存在していて、人生の全てがハッピーで楽しいことばかりではなく、その逆で逆風となる大きなトラブルが起きたりしてね。

ワケも分からず他人から批判されたり、理不尽な嫌がらせを受けた時に「 なんでこの人は、こういうことをするのだろう… 」と考えてみて。 確かにムカつくけれども、俯瞰して物事を見ているのであれば、そこから抜け出す次の方法が必ず思い浮かぶはずだから。

私が何度も言っていること:周囲の余計な情報に振り回されることなく、常に俯瞰して物事の視点を高く・広く、そして多方面で見る力を備えることが求められるのは、ここ数年の世界で起こっている出来事から、強く思うことなのです。 家族にも常に言っていること。

Position( 物事を見る位置や視点 )が変わると、見えるものが全く違うもの( Perception )になり、考え方(Perspective)も千差万別になっていきます。 この力はスグには身につかないけれど訓練次第で鍛えられます。 あなたの人生がガラリと変わりますから。

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page