top of page

ここ数年12月から3月にかけて、何かしら大きなトラブルが起きがちだったり


年末の12月から3月あたりには、家族や自分を含めて大事件となるようなことが起きる、そんな数年でしたね。 大抵は家族の病気だったり、小さな事故に出会ったり。 今年は私が参加したイベントでのトラブルで、結果的に自分を見つめなすタイミングとなりました。


物事がスムーズに動かない時もあるし、長い人生の中ではそんな時期もあったりします。 ただ自分自身が渦中にいると、内心穏やかではいられません。 とにかく焦ってしまって、地団駄を踏んでイライラしてしまう気持ちがあっても仕方ないと思います。


家族などのトラブルを含めても、今年のイベントでの裏方スタッフとして対応したことで起きたトラブルで、改めて私のキャリアについて考えさせられたこと。 これまでに積み上げてきた実績が全てチャラになるかも…というほどのパンチのある出来事でした。


ドツボにハマったときに、どうにかしようと抵抗したところで、どうにもならないし、その人によって上昇できるタイミングは必ずあるのですから。 焦ることなく自分のエゴ( 欲 )と向き合って、現在の状況に感謝して粛々とできることをしていくしかないのです。


振り返って思えば、人としての器が大きくなる時だったり、あとビジネスで良い意味で成長する時にに起こること。 良いことも悪いことも表裏一体で、全てが辻褄が合うように誰にでも平等に自分自身の見つめ直す必要となるようなトラブルなどのできごとが起きるとね。

つくづく思うのは成功というのは、周囲の人たちの愛ある応援があってこそだと分かりました! だから人間関係が悪くなったり、あと仕事が上手くいかない等の時に共通しているのは、 “ 全ての事に対しての感謝の気持ち ” を忘れた時であると思います。


起きてる現象って、過去の自分から出されたエネルギー( 想念・言葉・考え・動機 ) が巡り巡って、自分へ還っただけのことなのです。 これが本当の意味の引き寄せの法則で、トラブルを無事に解決できた時に、そこから「 あなたの 」 運命は変わるのです。


「 こうしたい! 」という自分の思いが勝ってしまうと、何とか流れを変えようとしても、ジタバタするほど・もがけばもがくほど、ドンドンと自分の願いとは逆の方向へ進んでいくのです。 ですから流れに身を任すというのが、一番良いことを思い出した春でした。

Kommentare


Die Kommentarfunktion wurde abgeschaltet.
bottom of page