top of page

ことわざの「目は口ほどにものを言う」は、科学的にも正解です!



人間の心理を見抜く8か条 1. 性格は顔に出る 2. 生活は体に出る 3. 本音は仕草に出る 4. 感情は声に出る 5. センスは服に出る 6. 美意識は爪に出る 7. 清潔感は髪に出る 8. 落ち着きのなさは足に出る

人は「 見かけによらない 」というけれども、実際には6割近くが見た目で判断しているという研究結果もあります。 その数字を見る限りは、第一印象のことを考えさせられちゃいますね。 ただ小ぎれいにしておくことは重要です!

( こういう表現は良くないけれど )心が貧しい人ほど、持ち物や地位あと有名な人であるか否かで、態度をガラリと変えたりするから。 そういう偏見の目をもって、人を見ている人って案外と多いのです( 接客業であるあるパターン )ね。

どんなに外側を美しく装って( 着飾って )いたとしても、その人の日常生活や環境が、振る舞いや仕草あと表情( 特に目 )に表れるもの。 性格が曲がっている人は、目と口元に特徴のある【 棘 】がある表情だから、見た目ですぐにわかる。

( 私の勝手な統計です )「 何だか嫌だなぁ… 」と感じる方たちの多くの共通点は、「 あの目つきが… 」と感じることが多いかもしれない。 一瞬だけれども感じた違和感を見逃すと、後々に悪質なトラブルとなっている…というパターン。

「 人の顔と目をみると、どんな家庭環境で育ってきたか、そしてどんな物を食べてきたのか、それに親御さんの心のレベルが分かる 」 と、20代の頃に会った氣学の大先生から言われた。 でも当時は言っていることが分からなかった。

でもセラピストとして活動をしている今になって、その言葉の意味が痛いほど理解できる。 “ 自分の本性 = 素の自分 ” は、その人そのもので、無意識の積み重ね。 あなたの「 顔 」 というのは、今まで生きてきた人生の積み重ねだとね…

“ 自分の本性 = 素の自分 ” は、その人そのもので無意識の積み重ね。 「 顔 」 というのは、今まで生きてきた人生の積み重ねであり、一番わかりやすい履歴書であると言える。 これは色々な方たちを見てきて私が出した結論です。

「 口元に思惑が現れ、瞳の奥には心が現れ、また顔全体には性格が。 そして背中には生き様が現れ、最後に眉と目には意志が現れる 」 と書いてあるブログを見た時に、首が痛くなるくらい頭を振っていることに気が付いたくらいです(笑)

Commenti


I commenti sono stati disattivati.
bottom of page