top of page

なんやかんや言っても「 睡眠・食事・運動 」の3つは大事だと思うこと


( 私や家族そして友人知人の経験から )体調不良が精神から来るのかも…と思い、心療内科に行ったことがあったりします。 2度目がなかったのは、「 薬の方がラクだよ 」ということだったから。 薬を飲んで精神面では一時的に、良くなるかもしれません。


ただ薬も善しあしで、依存する可能性が高い( 医療に携わる妹によると )そう。 私や家族そして幼なじみも「 結果的には薬を出してくれるだけなんだ 」と、薬を服用するのではなくて、日常生活のパターンを変えました。 これが結果的には、プラスに出たのです。


知り合いの中には、( 宗教系 )スピリチャルへ突っ走る方もいましたね。 本当にシンプルだけど「 7時間ほどしっかりと寝て、適度な運動をして、食べるものを季節に合ったものを食べる 」ことでした。 あと私は心理療法のカウンセリングを受けたことも良かった。


要するに「 睡眠・食事・運動 」の3つが重要で、眠れなくても7時間はベッドにいること、週に3回は15分で良いので歩くとか、白砂糖のいっぱいの甘いものも減らしたし、アルコールなどの刺激物も減らしました。 富裕層の方も実践していることだったりします。


私自身も経験して、様々な代替療法なども学んできて思うのは、メンタルって脳の働きによるものだと思うんですよ。 だって脳は、結局のところは身体の一部だから。 脳も細胞として働いていますから、身体の面からバランスをとると、だいぶ良くなると思うんです。


1回の食事で完全な栄養を取ろうとしても無理が出てくるので、1日単位・週単位で、トータルでバランスが取れていれば、OKだという考え方ですね。 1回1回の食事で完璧な栄養バランスに、ピリピリする必要は全くないし、時にはジャンクフードだっていいのです!

ただバランスが取れた質の良い食事を摂取することは、長い目で見れば健康な身体を作るののは確かなこと。 その結果として健康寿命を伸ばしてくれることにつながると思っています。 だから食事と睡眠に投資することは、人生の質を上げることでもあるとね。


日々の積み重ねで、長いサイクルを経て、身体が作られることを20代の方達にも知ってほしい。 何も気にせずに食べてもOKな時があってもいいけれど、「 流行っているから! 」とお医者様に相談せずに、自分勝手な食事制限はしないほうがいいと経験から思います。

Commenti


I commenti sono stati disattivati.
bottom of page