top of page

イギリスのアーサー王伝説に出てくる“ 魔術師マーリン ” をご存じですか?


プレセリブルーストーンで有名な言い伝えは、イギリスのアーサー王伝説に出てくる大魔術師マーリンが、巨人に命じて作らせたと言われる『 ストーンヘンジ 』の中央の祭壇で用いられているストーンとして、世界で知られているクリスタル。

魔術師マーリンは、ストーンヘンジには前世へリンクする力があるとしていて、プレセリブルーストーンを前世に繋がる装置として、その場にサークルを作ったとされてます。 遺跡のエネルギーを強化するために用いられたということだそう。

古代から神の啓示や前世のメッセージを受け取る、古代の記憶を呼び起こしてくれる石として崇められてきました。 イギリスのヒーラーたちは五次元世界からメッセージを受け取るために、実際にヒーリングで使用していたと言われています。

ボストン大学のホーキンズ博士の調査では、ストーンヘンジ中央の祭壇(ヒールストーン)と太陽が夏至の日の出の瞬間に一直線に並ぶ事が確認されていて、日食の計算まで出来る可能があるそうで、毎年世界中から夏至に人々が集まるほどです。

ストーンヘンジが建てられた目的は諸説ありますが、地球上のパワースポットをつなぐエネルギーラインであるレイラインの上に位置し、天体の動きを観測する天文台であった等と言われていますが、まだまだ謎が多い場所なんですよね。

プレセリブルーストーンは、内面にある不調和をヒーリングしてくれるとても優れたクリスタルで、しかも私たちの認識を別次元につなぎ、時間と空間を超えて旅をさせてくれるのです。 やはり祭壇で用いられてるから、エネルギーが強い?

英国クリスタル & ジェムセラピスト協会( ICGT) 認定で、その効果はお墨付きなんですよ! アメリカ系のクリスタルヒーリングの団体では用いていないクリスタルで、日本でもセッションができるセラピストも少ないのが現実です。

地球の中でたった1箇所、しかもイギリスのプレセリの丘でしか算出しない、年間産出量まで決まった貴重な石だからです。 なおおススメは2023年5月6日の半影月食の日に提供する遠隔ヒーリングで、プレセリブルーストーンを用いるヒーリングです!

Kommentit


Kommentointi on poistettu käytöstä.
bottom of page