top of page

クリスタルヒーリングと “ 脳 ” との関係について


【 変性意識状態( α波 )になっているときの例 】 1.朝に目覚ましが鳴り、完全に覚醒状態になるまでの“ぼーっ”としている状態 2.眠りに落ちるまでのまどろみの状態。 3.過去のことを思い出している、未来のことを想像している状態 4.デイ・ドリーミング、冥想、イメージトレーニングをしているときの意識状態。 5.映画のストーリーに同化している意識状態。 6.本などに夢中になっていて、降りる駅を通り越してしまった状態。 7.運転していて、運転以外のことに意識が行っていて、どの道を通ったかはっきり覚えていない状態、等々

日常生活で特に意識しませんが、誰でも自然に自分の潜在意識( 本音 )と繋がっています。 朝に目が覚めるまでぼーっとしていることは、誰にでも経験したことがあるハズ。 上記のような状態の時は、自分の潜在意識と向かっている時。

心療内科や精神科などでは、α波の状態になる自己催眠法にも用いられます。 変性意識状態でも複数の種類があり、脳の周波数の違いによって主に4種類に分類されます。 まず起きている時は、自律神経が優位で活発になっています。

この時は心と身体が緊張をしていると言えますが、顕在意識( 自分でコントロールができる意識 )が働いている状態です。 その逆で寝る前のウトウトとしている状態は、副交感神経( リラックスしている時 )で脳波がα波の状態なのです。

分かり易い例を挙げると、マッサージを受けてウトウトしている時も、脳波が “ 変性意識状態・トランス状態 ” です。 脳波がα波の時の私たちの心身の状態の時は、心身共にリラックスをしていて、とても心地よいなぁと感じています。

なおクリスタルヒーリングは、①身体や心のエネルギーを整える ②石から必要なメッセージを受け取ること…をイメージされる方が多いと思います。 でもクリスタルヒーリングで改善するのは、肉体のエネルギーを整えるだけではありません。

それぞれのクリスタルの持つエネルギーを活用することで、心や精神面また感情や潜在意識のエネルギー循環にも作用しますし、また感情の苛立ちからくる不眠やストレスまた不安や恐怖といったトラウマなどにも働きかけてくれるんですよ。

時に “ 誰にも言うことができない悩みや苦しみ、小さな頃から心の奥底にずっと溜めてきたネガティブな感情や記憶などが思い出して ” しまうこともあるでしょう。 でも “ 心身全てのバランス機能を正常にしよう ” としているのですね。

こうした心理的部分を悪用して、ずる賢いセラピストやヒーラーは、悪意ある刷り込みをする人もいますから。 その逆でお客様 = クライアントに対して、無意識に行っている場合もあるので、私たちもセラピストを選ばないといけないのです。

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page