top of page

トラウマは身体のメカニズムを変えてしまうという研究もあるそうです



何がトラウマになる原因なのか…というのは、人の感性にもよるので一概に言えなくて…  ただトラウマ体験の記憶は、心や身体そして記憶にそのまま保存されます。 時間が経っても色褪せることはないし、生々しい記憶がフラッシュバックしてしまうこともあるのです。


人によっては「 ひどい喘息や、過敏性大腸炎、原因不明の疼痛、慢性疲労性症候群など 」といった身体症状が出ることがあるという研究もあります。 実はトラウマは自律神経系の調整を大きく狂わせるほどで、自律神経系による無意識によって学習作用が働くから。


トラウマに対するケア( 心理療法やヒプノセラピーなど )は、記憶に対してのメンテナンスするのですが、過去に起きたトラウマに対して感情に対するものです。 実は私も小学校・中学校で、同級生たちから暴力を受ける壮絶なイジメを経験したこともあります。


そしてブラック社長からのハラスメント行為によって、自律神経のバランスを崩し( 自律神経失調症 )ました。 あの当時はひどい倦怠感( 病院に行ってもストレスとだけ… )がで、危機的状況に対応するための状況から身を守るために症状が出ていたのです。


実際に「 喘息や偏頭痛 」などもひどくて、今も自律神経のリズムが崩れるときもあります。 当時は心理療法やヒプノセラピーを受けて、過去の記憶に対しての感情をメンテナンスしましたが、たが、ネガティブな感情は身体感覚を狂わすという体験をしています。


あとトラウマは物事の捉え方自体を変えてしまうほどだそうで、言われたことを曲解してしまったり、全部自分を責めている言葉のように捉えて、攻撃的になってしまって、不要な衝突や不和がおきてしまうということもあります。 心の傷が大きいほど、不和が起きがち…


時々メンドクサイ人だとか、問題がある人に思われる人の中には、彼女( 彼)の過去を辿っていくとすごく傷ついた体験( トラウマ )があるかもしれない…と考えてあげてほしいな。 過酷な環境を生き延びるため、本来の自分を押さえつけて生きてたかもとね。


トラウマにって世界の見え方や人との関係性も変わるし、ましてや幼少期に受けたトラウマであれば、ネガティブな感情のフィルターによって、モノの見え方もいびつになってしまうのです。 まずは自分を俯瞰してみる力を養うこと、これが脱却する第一歩なのです。

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page