top of page

ヒーリング辞典:第三チャクラの特徴



オーラ第3層:第三チャクラ( みぞおち:ソーラー ) 思考、精神の力、個人の力に関する情報層 思考のパターン、考え方の傾向、個人的な価値観、また個人がどのような力をどれくらい持っているか、またどのように使うかなどに関する情報を持つオーラの層です。 代謝器官の機能低下も現れますし、また優越意識の追求とエゴイスティックな態度も影響あります。


真の意味でのプライドを放棄する、被支配的な人生になるなどの意味があるチャクラです。 またキーワードは、自分自身のことを尊重する&自己・価値観の確立や個人の意思など。 影響する器官は、自律神経系・肝臓・腎臓・胃です。

【 チャクラの陰が強い時 】

・他人を信頼することが出来ず、疑心暗鬼になりやすい ・意志薄弱で、周囲の意見に流される ・物事を常に冷めた目線や否定的に見てしまう ・人の意見に一喜一憂して正常な自分を保てない ・義務を優先して、自分の意思をおざなりにする ・遊ぶこと楽しむことに罪悪感がある ・消化器系の不調が起こりやすい ・inputばかりでoutputできない ・物が捨てられない ・無邪気さではなく正しさを求める ・常に孤独になる不安を抱えている ・考えすぎて一歩が踏み出せない

【 チャクラの陽が強い時 】

・遊んでばかり 悪い意味で子供っぽくワガママになる ・義務や責任を過剰に嫌う ・考える事を放棄して、感覚のままに生きる ・傲慢になりがちで、人に自分の意見を押し付ける ・怒りが起こりやすく、支配的になりがち ・自信過剰で我を通す ・協調性を持てず我を通そうとする ・過剰にお金を消費する ・儲かるというような話に安易に飛びつく

●第3のチャクラ<みぞおち>に対応するクリスタル ➡シトリン・アラゴナイト・イエローダンビュライト・オパールなど ➡対応カラー:黄色

全ての物事には 「 明と暗 & 陰と陽 」 ように、対称的な二つの側面があり、物事が成立しています。 エネルギーが不足( 陰 )している時と過剰( 陽 )の時では、現れる症状が違い、中庸( 偏らない・中立的なこと )が大切なのです。

同じクライアントの方に同じクリスタルを用いることになったとしても、その人のエネルギーバランスは毎日微妙に違います。 ですからオーラに置くか・チャクラに直接置くかによって、その人によって効果の現れ方も全く違うものとなります。

クリスタルヒーリングは、お子様の個性開花・潜在能力発揮させたい・友達関係やお受験等で、強いストレスを抱えている・繊細で敏感なお子様、また本来持っている能力・個性をなかなか発揮できないお子様のケアとしてもおススメしてます。

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page