top of page

人生を良くしたいならば、まずは自分自身が話している言葉の持つ力を心から理解すること



「 類は友を呼ぶ 」という言葉の通りに、似た人が集まってるから不思議なんですよ。 私たちは良くても悪くても、周囲にいる人の言葉や思考そして感情の影響を強く受けるから。 かなり意識していても、相手の言葉や感情は染まっていく。

あなたがいる環境が与える影響は、自分たちが想像するよりも強い! とはいっても職場の人間関係であったり、ご近所様などの人たちや子供のママ友たちというのは、こちらが選べないことではあります。 じゃあどうしたらいいのか…と。

( 私の経験 )身体を施術する方( マッサージ師 )の方が、発する言葉の大切さを理解していない方が多いかも。 クライアント方に、 「 マジでここ悪いよ 」 等という言葉で、お客様に対して( 悪意ある )刷り込みをしていたりするし。

特にSNSでは自分の感情をストレートに吐き出して、自分が発信したSNSで、誰かが賛同してくれると気が晴れるかもしれない。 でも気をつけて書かないと( 特に )悪口や批判をストレートにしちゃうと、法に触れてしまう可能性もある。

不平不満愚痴しか言えない人は、言霊という言葉の通りで、自分の周囲には不平不満愚痴な出来事しか起こらない。 良くても悪くても、周囲にいる人の影響を強く受けるし、意識していたとしても、言葉や視覚の影響でそっちに染まっていく…

仕事で成功を収めたり、豊かさに恵まれている方たちに共通している心持というのは、感謝の気持ちを自ら、惜しみなく様々な形で出しています。 惜しみなく出すというのは、そこに損得勘定や計算をしていないということなんですよ。

それに人とのご縁というのは、合わせ鏡ということ。 このルールを嫌いという方に何度もお会いしたけれども、基本的なルールだから変えることはできない。 なのです。 だけれども周囲にいる人間関係が、自分のことを映し出している。 

つまり過去に自分が蒔いた種・波動・エネルギーが、時間を経てブーメランのように戻ってきただけ。 たった今から考え方を変えれば、未来は大きく変わります。 あなたの感情のクセを見直すだけで、ガラリと変わることは私が経験済み。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page