top of page

余計な情報に振り回されることなく、常に俯瞰して物事の視点を高く・広く、そして多方面で見る力を備える


ローマ帝国時代のジュリアス・シーザーは、「 人は見たいと思っているものかしか見えない 」という名言を残しています。 人間は興味のないことは見えないし、そして聞こえない。 また都合の悪いことは見えないし、また聞こえない。

「 自分が見たいものしか見ない・見えない、自分に心地よいことしか聞こえない等 」ということ。 同じ景色を見ていても、見えるものが人によって違うし、自分もその日の気持ちや感情だったり、そのとき興味のあることで違ってきます。

私が何度も言っていること:周囲の余計な情報に振り回されることなく、常に俯瞰して物事の視点を高く・広く、そして多方面で見る力を備えることが求められるのは、ここ数年の世界で起こっている出来事をから、強く思うことなのです。

あなたのPosition( 物事を見る位置や視点 )が変わると、それ以降は見えるものが全く違うもの( Perception )になり、そして考え方(Perspective)も千差万別になっていく… この力が備わっていると、あなたの人生がガラリと変わる。

両サイドから物事を見る為には、常に自問自答をしながら、常に全体を俯瞰してみる力が必要。 一見してネガティブだと見えることの中から、プラスへと変えるヒントを拾えるようになると、以前より自分がレベルアップしているはずです!

過去の自分を冷静になって、俯瞰して全体を見ると、そこから得るものは本当に沢山ある! たった数秒前の自分の決断した答えで、1秒後の未来は時に「 ガラリ 」 と変わる。 定点が少しでも動くと、定点と繋がっていたものが動き出すから。

以前の私だって「 こうしたい! 」というこだわりで、試行錯誤をしていたことも。 でも全く別のことで覚悟を決めて、違うことで動き出してみたら、何故だかわからないけど滞っていた方が上手い方向へ進んでいくことがあったのです

物事が動かない時は、心も身体も精神面でも焦ってしまう。 何とか上手くいかせようとしがちですが、無理に焦って物事を動かそうとしなくても、時期やタイミングがパズルのようにピッタリとはまる・ぴったりと収まることがあるのです。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page