top of page

先輩ヒーラーの方の経験から思うこと:話が通じない相手と対応するのは神経すり減る…と思ったこと


先輩セラピストの方( その方は心理学専攻 )曰く、何度も同じ説明をしても理解できなかったり、同じことを繰り返しても忘れたりする場合は、単純に理解力が乏しいことがほとんどであると言っていたので、もしかして「今何を話すべきか」の理解力に乏しいのかも。

相手と「 話が噛み合わない 」似たような説明を繰り返さなくてはいけないだけではなくて、相手が理解してくれないというフラストレーションでイライラします( 経験談 ) イライラというよりは、ハッキリ言うとストレス( 相手もそう思っていたりして )です。


こちらも話す時間をなるべく短く、決めたい・確認したいことに焦点を絞って話したり・メールをしていたとしても、何度も繰り返されるので余計にストレスなりますよね。 その結果として対応能力が、ブラッシュアップされるメリットがあるかもしれないと考えたり。


本当にどれだけ言葉を尽くしても、こちらのいう言葉( 話 )が全く伝わらない方がいるのは確かなこと。 たぶん価値観の違いもあるのだろうけど、根本的なルールが通じないんですよ。 どうやって生活しているのか不思議で、周囲でも全く会話が成立しないのです。

メールでのやりとりであったり、また会話がかみ合わない人とやり取りするのは、本当に骨が折れる作業デスね。 実際にイベントの仕事で関わっている方( 女性 )とやり取りをしていると、こちらが回答を見事にスルーして想像もできない質問で返ってきますから。

だから会話( メールも… )が、いつまでたっても終わらないのです。 その相手とは仕事が絡んでいるから、余計に面倒なことになっている。 仕事仲間も「 彼女とのやり取りは、いつまでたっても終わらない… 」と言っていたのが身に染みて分かります。

先輩のヒーラーの方はお客様の一人が全く話が通じない相手で、プロの方にも相談をしたうえで対面でのヒーリングは止めたとのこと。 そしてイベント参加も止めてしまったそうなので、お会いできないのは寂しいのですが、自分の身を守るにも大切なことです。


周囲でも実際に起こったり、自分でも経験して思ったこと。 私の考えや意見が伝わらず、わたくし自身が恐怖を感じた際には、「 恐怖を感じる 」と意思表示をしたうえで、SNSやメールをブロックしてもいいのだなぁと、特にSNSを運営していく上では大事ですね。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page