top of page

富裕層の方たちは、“ 情報 ” を集めることに投資をしているんですよね



ダイヤのキラキラ✨が好きなので、デザイナーの方たちのブログをチェック! 最近の話題は、ここ一年間で20%~30%の上昇している内容。 一般論ではありますが社会的に不安定になると、金・プラチナ・ダイヤが値上がりします。

オークションサイトの記事をチェックしてみると、「 投資対象として売買される高品質のダイヤモンドには世界共通の相場があるけれど、デパートや宝飾店で販売されるジュエリー用ダイヤは品質がまったく異なる 」ということだそう。

あと「 バブル期に販売されたダイヤの指輪は、仕入れ価格の10倍近い値付けが当たり前だった。 だから現在の買取価格が10分の1になっていても、何ら不思議ではないこと 」だそう。 だからGIAの鑑定書のルースが、人気なワケだとね。

先日もあるイベントで希少性のダイヤモンドを見せて頂き、やはり「 輝きがスゴイ! 」と思いましたね。 質が良いダイヤモンドの輝きは全然違うし、昔も今も西洋東洋問わずに絶対に価値が落ちないから、状況を見ていて実感しました。

知り合いの超富裕層の方の何人かは、宝飾を買ったという話をしてました。 よく「 ダイヤモンドは永遠だから、娘に資産としてジュエリーを… 」と言われるけれど、お金に換金する時にはダイヤの質と鑑定書( GIA )が必須となるそう。

資産ならば【 金の延べ棒 】であると、オークションのイベントを手伝った時に言われて驚いたのですが納得です。 最近はゴールドが高いから14金を使われているけれども、14金では投資の価値もないと関係者の方たちが言っているからね。

確かに知り合いの華僑の方たちは、ゴールドのネックレスを重ね付けしている方が多いかな。 ちなみに18金や24金のジュエリーを作ると加工が複雑になるので、大きなコストがかかるそう。 でも喜平ネックレスは比較的コストが低めだそう。

つまり価格全体に占める加工費が小さく、延べ棒やコインなどのように金そのものに近い価値を持つアクセサリーなんですって。 実際に喜平ネックレスを投資目的で購入して、実物資産として保有しているという方は少なくないそうです。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page