top of page

日本では “ 親子3代の相続税で、全ての資産が無くなる ” そうだから、何に投資をすべきかが重要ですね


日本では多くの資産を作っても、親子3代の相続税で全てが無くなると言われているのだとか。 だから自分の子孫に残す資産というのは、現金換算できない無形固定資産を作り、継承していくことが一番だそうです( 知り合いの方いわく )

あと別の資産家の方が言っていたけれど、悪質な美術品を扱う業者は相続対策として、高価な美術品の購入を促す方もいるそう。 ですが税務調査では、美術品の無申告はほぼ指摘されるそうです。 税務署の方は、プロですから見逃しませんよね。

だって預金の動きであったり、被相続人の趣味や税務調査時の家庭の状況、その他のヒアリングなどから美術品の有無を把握するそうですから。 税務調査時に美術品の無申告が判明した場合、多額の罰金を支払う可能性がありますから。

今回のような新型コロナウイルスや、地震などの天災であったり、日本は景気の後退が続き不安材料が多いので、未来に不安を抱いていて、「 とにかく節約して、お金はできるだけ使わない 」という考え方の人が多いのは確かなことですが。

ただ銀行にお金をおいておいても、衝撃の低金利すぎて全然増えないし、将来の年金もあてにはならない。 リスクを恐れずに、タイミングを外すことなく、20年・30年後の自分へプレゼントをするような投資がいいと心から感じていること。

私の周囲にいる豊かさに恵まれている方たちは、「 お金の不安 」をしていない。 お金の心配をするよりも、常に自分の中での学びに投資( 専門分野以外にね )をしています。 プラスして健康( 食事、睡眠、運動など )に心配りしている。

あと教育( キャリアアップ、スキルアップ、社員教育など )や、自分が地域や他者への貢献をしていたり。 常に感謝の気持ちを表しているし、ここが重要だけど経験( 今までやったことがないことへのチャレンジ )に投資をしているかな。

女性の方に良くあるパターンとして、自分の身体を磨くこと = 自己投資と考えがちだけど、スピリット & 心、そして知恵( 知識 ) に対して自己投資することが一番と思っていて、【 自己成長 】のために自己投資をすることは大切です。



Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page