top of page

身体のバランスを整えるために、月の満ち欠けを日常生活に取り入れてみる!



私たちの祖先は月の動きから農事暦を作り、作物の種まきや収穫時期を決めていました。 それは月の満ち欠けに合わせることで、より美味しく・栄養価が高い作物が育つことが分かっていたからなんですね。 月の満ち欠けを生かすのは、自然のリズムに合わせること。


月の動きを意識することは、自然の流れにあわせて生活をすること。 そんな生活をすることで、自然と物事がスムーズにいくようになるのです。 新月はスタートという意味があり、月のエネルギーが強く、心と身体のデトックス( 排泄する力 )が最大に高まる日。


この新月( 時間というタイミングも重要! )で金運 & 財運に対して、負( ネガティブ )のエネルギーを手放すと良いとも言われています。 そして新月というタイミングを活用して、満月へ向けてエネルギー・チャージするための基礎を固めをするとよい日です。


地球の面積の大部分を占める海ですが、海の潮の満ち引きは月の引力が強く関係をしています。 人間の身体の60%以上が水分でできていることを考えると、月が海の水のように私たちの身体に強く影響を与えていると考えるのは、自然なことであると思うのです。


地球を含む宇宙( 天体 )の特定のリズムを大切にすること、つまり朝に太陽の日から光を浴びて、夜は心身共にリラックスして休む生活や、水星や金星などの天体の逆行のタイミングを取り入れる生活は、現代では難しいことだったり。 でも意識することは大切です。


経営者の方や個人で仕事をしている方ほど、Body & Mind & Spirit:身体・心・精神( 魂 ) の三位一体をケアすること、つまり常にニュートラルな状態( 中庸 )を意識する生活を送ることをお勧めします。 それは食事や運動だったり、またセラピーを受けるのもいい。


会社員の方は「 有給 」 があって休みを取ることができますが、経営者や個人事業で仕事をしている方は代わりはいないのです。 ( 突発的な事故は別 )体調を崩すことは、逆に 「 何やってんだよ」と叱責を受けることになるから、体調管理に心を砕いています。

 

リズムの波が下がっている、つまり不調である時ということなので、身体をリラックスさせて・高ぶってしまった感情を整え、考えすぎてしまう知性(  脳 )を休ませることが必要です。 この3つを一度にケアできるのが、実はクリスタルヒーリングだったりするのです。


 

 



Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page